投資信託と配当株で自分年金を作ろう!

投資信託と配当株で自分年金を作ろう!

投資信託と配当株、債券で自分年金を運用するためには

公的年金があてにならない時代、自分年金を運用して、足りない生活費を賄いましょう。
当サイトは、40代女性が家族(夫、子供一人)の財産を運用していく日記を書いてます。

 

運用対象は、投資信託、配当株、債券です。

 

本当は、不動産投資にも興味があるのですが、なかなか金額が大きいため手が出せないのが現状です。

 

子供の教育費もこれからかかってくるし、自分の老後も心配だし。

 

毎月入ってくるお金をどんどん増やすのが目標です。

 

自分年金で毎年受け取れる資産運用を目標にしています。

ですので、元金がいくらになったとか、1億円になったとかは一番の目標にはしていません。

 

毎月、収入として入ってくる形に変えなければ、結局、いくらまとまったお金があったとしてもなかなか気分的に使えないものだと思うからです。

いつまで人間は生きるのかが、自分ではわかりません。

ですから、一定額の貯金がじわじわと減っていくのはとてもストレスだと思います。

ということで、毎月配当金などを受け取れる投資を目指すようになりました。

 

今から4年前ぐらいに配当株や配当を出す投資信託に投資し始めました。

そして、じわじわ配当を受け取ってきました。

 

最初の年は、配当のあまりの少なさにびっくりしたものです。

生活をしていける最低限のお金を配当金で賄うには、予想外の大金が必要です。

そんなことも、気が付きませんでした。

 

配当を毎年きちんと出す会社に、徐々に投資しています。

その結果、去年(2012年は、受取配当額が200万円を超えました。

何とか、夫婦2人の受取配当を合計して、国民年金の受取額に近づきました。

 

嬉しかったです。

 

贅沢はできないかもしれませんが、何とか食事をしてどうにかなるようになりました。

もう少し贅沢ができるようになるように、今年もがんばって貯金して、運用資産を積み増したいと思います。

続きを読む≫ 2013/04/16 14:49:16

資産運用の王道は、稼いだお金を多くして、投資資金を増やすことでしょうか。

働かなくても毎月生活に困らないお金を振り込まれるような状況が作られるのが理想です。

 

将来のこと、生活のことを考えると非常に不安になります。

毎月、投資資産から生活費が振り込まれるといいなと期待しています。

 

ですが、ふと思ったのは、不安に思うときって、努力ができていないときではないのかな?と思います。

収入を上げるために必死になっているときは、これ以上することがないので、不安になりようがないと思うのです。

 

他力本願な時って、自分ではコントロールできないので、不安になるのです。

自分でコントロールできることに集中できているときは、充実しているし、いい結果を生んでいる気がします。

 

なかなか早期引退できるほどは資産がたまらないので、気持ちが焦ってしまいますが、自分にできることに集中しましょう。

資産運用には、近道ってありません。

 

資産運用の成績にこだわりすぎるのは、よくないと思います。

資産運用の成績は、普通で、資産運用の投資金額を増やせるべく収入を増やすのが王道だと思います。

 

きつい道ですけどねー。

 

続きを読む≫ 2012/06/06 15:12:06

日立の配当を受け取りました。

源泉徴収されるので、1割の金額が源泉されています。

 

日本株の配当は、6月にもらえるものが一番多いので、6月に受け取る配当が楽しみです。

毎月、少しずつ配当をくれるといいのにな〜。

 

一年にまとめれもらうのと、毎月分割して配当を受け取るのは、原理的には一緒ですが気分的にはずいぶん違います。

 

株主総会の案内と一緒に、配当のことも送られてくるのですが、正直株主総会の内容にはあまり興味がありませんし、よくわかりません。

 

本当は、決算書を読み込んだり、比較したりして、購入する株を決めるのが王道だと思いますが、なかなかそこまでは実践できておりません。

 

それからすると、投資信託って便利ですね。

 

自分で調査しなくてもファンドマネージャーが投資する先の会社の状況を調査してくれるのですから。

まあ、そのために信託報酬など毎年経費を支払っていますが。

 

信託報酬も安くて、成績もよくて、何も考えなくてもいい投資信託ってないでしょうか。

 

そんな夢のような金融商品ってないのでしょうね。

続きを読む≫ 2012/06/01 11:33:01

投資からの自分年金だけで生活するにはいくら必要だろうか?

投資からの自分年金だけで暮らせるなんて、理想だ。

 

金額を計算するには、毎年の必要な生活費、投資からの利率が必要となる。

 

私の場合を計算してみた。

 

投資からの自分年金だけで暮らせるようになっているということは、投資資金を貯めるための貯金は不要となっているだろうと思う。

また、仕事をする上での必要経費も不要になってくるだろう。

 

とすると、生活費としては、余裕を見て、毎月40万、年間480万必要だ。

 

そして、投資からの利率は、世界的に長く続けられる利率ということになると、3%程度と考える。

ここでの予定利率を高くすると、元金も少なくて済むのでいいのだが、現実的に考えたい。

 

以上をもとに、自分年金に必要な元金を計算してみよう。

 

自分年金に必要な元金=480万÷3%=1億6000万

 

!!!

 

1億6000万???

 

そんな金額は到底用意できないように思えてきた。

 

 

が、、、、、、、、、、そんなことはない。

 

 

投資を勉強すればできるはず。

 

 

とりあえず、実際に自分年金だけで生活できている人を探してみることにしよう。

 

続きを読む≫ 2012/05/22 16:18:22

ホーム RSS購読 サイトマップ